マンション経営のリスクを回避する|立地選びは慎重に

家と手

不動産投資で成功する条件

一軒家

不動産投資で大事なのは収益物件を確保することです。大阪などの地価が高い場所では、単身者用の物件なら日当たりを度外視するなどの工夫も必要です。そうすれば安い値段の収益物件が見つかります。今後も可能性があるのは学生向けのワンルーム投資です。学生は入居すれば卒業までの4年間借り続けるので収入が安定します。

もっと見る

空き家を有効活用する

家を持つ人

転勤などで自宅を長期間不在にする場合、空き家となりますが、それを有効活用する方法がリロケーションです。リロケーションを行う事で家賃収入を得ることができるとともに住宅の劣化などを防止する副次的効果もあるのです。

もっと見る

不動産経営の注意点

マンション

住宅ローンを家賃収入で賄える、それがマンション経営の利点です。資金的に無理をせずに資産として保有できることに、多くの人が興味を持っているものです。けれども事前の勉強をしっかりと行っておかなければ、様々なリスクに晒されることになります。例えば節税効果が期待できると、ワンルームマンションによるマンション経営を行うサラリーマンが増えています。ここで注意が必要なのは、確定申告による節税効果は、年々薄れていくということです。そのために短期での売却を予定するケースもありますが、ワンルームマンションは地域によっては流動性が低いものです。なかなか思うような金額で売れない事例も多いので、立地選びは慎重に行う必要があります。

これから予測されるリスクとして、金利の動向があります。変動金利による住宅ローンを組んでマンション経営を行っている場合、金利の上昇により返済の負担が増すことになります。固定金利に借り換えるにしても、手数料がかなりかかります。また、築年数が古くなれば家賃設定を下げるケースも出てきます。これから新たにマンション経営を始める場合には、マンション価格の上昇により利回り低下のリスクも出てきます。そして少子高齢化による影響で、ワンルームマンションへの賃貸需要が減少するリスクも予測されています。ただし、タワーマンションなどの大型物件におけるワンルームタイプは人気があります。これからは物件選びにかなり慎重になる必要が生じると予測できます。

注目の銘柄です

スーツの男女

株式投資をするのであれば、賃貸管理を主業としている不動産会社に注目をしておきましょう。賃貸管理業は不動産開発業とは異なり、大きな利益を見込める業種ではありませんが、不景気に売上が大きく落ち込むこともありません。

もっと見る