痛風治療薬のザイロリックは通販で   >   痛風の症状が出る場所

痛風の症状が出る場所

痛風になった足 "

痛風というと、足の親指の付け根というイメージが強いでしょう。確かにそれは間違っていません。痛風の大半は足の付け根部分に発生します。

よくあるのが足の親指の付け根部分がプクーっと赤く膨れてしまうケースですね。あれは見ているだけでかなり痛々しいです。

では、痛風は足の親指の付け根にしかならないのかというと、そんなことはありません。他にも痛風が発生しやすい場所というものが存在します。

痛風のあの痛みは急性関節炎というものなので、いちおう間接部分にはあの痛みが出る可能性があります。ただ、全身の間接に可能性があるわけではなく、発生しやすい場所というのは限られています。

足の親指以外でいうと、足の甲やくるぶし、アキレス腱、足首、膝などといった下半身部分ですね。痛風の症状が出る場所の9割以上は下半身と言っていいでしょう。他には稀に耳にできたりするケースもあるようです。

ではなぜ痛風の症状が足の親指の付け根もとい下半身部分に集中しているのかというと、痛風の痛みというのは別記事でも紹介したように、尿酸の結晶が間接部分に溜まって、それが剥がれ落ちた時に白血球が反応して、炎症を起こして痛みを伴うといったものですが、

この尿酸の結晶というのは温度の高いところでは発生せず、温度の低いところで結晶化していきます。

下半身部分の間接は体温が低く、特にあしの親指の付け根部分は低くなっているので、一番結晶ができやすい場所になっているんです。

なので、ほとんどの人が足の親指の付け根に尿酸の結晶を作り、痛風の炎症を引き起こしていしまっています。

また、体温が低い場所以外には、負荷がかかりやすい場所だったり、酸性の度合いが強い場所、タンパク質の少ない場所などにも、痛風が発生したりするケースがあります。

"