痛風治療薬のザイロリックは通販で   >   痛風はなぜ痛いのか

痛風はなぜ痛いのか

痛風の痛み "

痛風のあの非常にきつい痛みはザイロリックなどの治療薬を用いることで、発生自体を抑制させることができますが、そもそもなぜ痛風はあのように激しい痛みがあるのかきちんと理解しているでしょうか?

メカニズムが分かったからといって痛風が治るわけではないですが、理解しているのとしていないのとでは、痛風との向き合い方や治療へのモチベーションや意識等も変わってくると思うので、この際に痛風のメカニズムや原因等を知っておきましょう。

まず、痛風のあの激しい痛みについてですが、あれは間接部分に尿酸の結晶が付着していき、それが積りに積ってある時に剥がれおち、その剥がれ落ちたものを白血球が異物の認識して、攻撃することで起こる炎症があの痛みということですね。

尿酸という言葉が出てきましたが、痛風というのは、体に尿酸がたまることで発症します。尿酸は常に我々の体の中に存在していて、作られたり排出されたりして均衡を保っています。

しかし、その均衡が崩れ、尿酸が血中に溶けきれなくなると体の中に尿酸が多い状態(高尿酸血症)になります。そして、血中に余った尿酸はナトリウムと結合して結晶化して間接部分に溜まるのです。

これがおよそ痛風予備軍と言えるものですね。予備軍というのは、ただ結晶が溜まっているからそういっているわけで、その結晶が剥がれ落ち激しい痛みが発生してしまったらもうそこから痛風生活がスタートというわけです。

なので、尿酸が高くても結晶化されなかったり、はがれおちることがなければ、痛みは発生しないのです。

どちらかというと、この痛みを発生しないタイプの人が多く、痛みが出るつまり痛風になる人の割合は低いとも言われています。

これに関しては体質などもあったりしますが、大体は生活習慣から来るものなので、予備軍の人は今からでも生活習慣の見直しが必要ですね。

"